ニュース一覧

レザークラフトに最適

手芸用品

特徴や購入方法

はぎれ革とは、革製品を作ったときにできるあまり部分のことです。はぎれというだけあって、大きさも形も様々ですが、その分安く手に入れることができます。きちんとした革はかなり高価で、一メートル四方の大きさを買おうと思ったら一万円ほどかかります。プロならばもちろんそういったものを選ぶのですが、個人や中小業者が小物を作るにはいささかコストがかかりすぎともいえます。はぎれ革であれば、同じ面積のものが千円くらいで手に入ります。ただばらつきがあるので、大きい物を作る際にはつなぎあわせたり、革を購入してから大きさに合わせて作るものを決めると良いでしょう。購入先を見極めれば、ある程度の大きさのものが手に入ります。はぎれ革は大きめの手芸洋品店や革専門店で売っていることもありますが、地方にはあまり存在しません。そのため、通販で購入するのが便利です。大手ショッピングサイトならば、販売しているネットショップは多く存在します。実物を手に取ることができなくとも、ネット上には製品についての詳しい説明書きや写真が掲載されている場合が多いです。また、レビューや口コミを見ればある程度見極められます。はぎれを買うときの注意点として、作るものを決めてから買うのは避けるべきという点があります。買ったはぎれの大きさや形、色や風合いなどを見てから作るものを決めた方が融通がききますし無駄がありません。革同士を縫い合わせることもできなくはないですが、強度が落ちるため、やはり一枚で作れるものを考える方がおすすめです。

RECOMMEND POST

革

リメイクが人気

革のはぎれをかき集めれば、ちょっとしたファッションアイテムを作れます。専門業者に頼んでオリジナルのものを作ってもらいましょう。キーホルダーや財布、定期入れなどなら、簡単に作れて費用も安く、プレゼントにもなります。

ユニフォーム

週末にフットサルを楽しむ

フットサルは、サッカーと似たルールで行われる競技です。サッカーよりも少人数かつ小さなスペースでプレーできるため、アマチュアの愛好家が多いのが特徴です。オリジナルのフットサルユニフォーム製作を手がける業者も相当数にのぼります。

作業着

鳶の仕事に必要な機能

鳶服は鳶職人が動きやすいようにできています。ニッカボッカというだぼっとしたズボンと、夏でも長袖のシャツ、地下足袋が衣装です。ニッカボッカは動きやすさと危険性の察知という意味があります。仕立ててもらうのも人気があります。

Tシャツ

ネットを介して気軽に注文

クラスtシャツを作るにあたり、ネットを活用する事をおすすめします。デザインや出来上がりの期日等を、比較的簡単にイメージする事ができるかと思います。クラスtシャツを作る機会があるのなら、一度、ネットで検索してみて下さい。