ニュース一覧

鳶の仕事に必要な機能

作業着

ニッカボッカと呼ばれる服

鳶服は、ぶかぶかのニッカボッカと呼ばれるズボンが特徴的な作業服です。鳶の仕事は、建設現場での様々な作業です。建設現場では足場を組み、その不安定な足場の上で作業をします。不安定な中でも作業できるように鳶服は作られています。鳶服はニッカボッカが特徴的ですが、他にも特徴があります。足下は地下足袋、上は夏でも長袖に手甲をつけ、襟をたてます。地下足袋をはくのは、地下足袋のように薄い生地の靴の方が不安定な足場の状態を確認しやすいためです。近年は安全を重視してつま先に鉄板が入った安全靴を推奨している現場もあります。また、夏でも長袖で襟をたてるのは、作業により油がつくので肌の露出を抑える必要があるためです。そして特徴的なニッカボッカですが、この服も単なるファッションではなくきちんとした意味があります。鳶は足を大きくあげて仕事をすることが多いです。そのため、太股の部分を締め付けないようゆったりしたデザインであることが求められます。また、余っている布の部分がセンサーとなり、建設現場での危険物を察知する役割を果たしています。風力をはかるのにも最適で、布のはためき具合で風の強さをはかり、危険性を察知することができます。鳶服はチェーン店などでも購入できますが、一流の職人は仕立ててもらうことを好みます。鳶服の仕立てで有名なブランドは関東と関西にそれぞれあり、地域によりデザインの流行りもあります。値は張りますがその分機能に優れ、動きやすいのが特徴です。

RECOMMEND POST

革

リメイクが人気

革のはぎれをかき集めれば、ちょっとしたファッションアイテムを作れます。専門業者に頼んでオリジナルのものを作ってもらいましょう。キーホルダーや財布、定期入れなどなら、簡単に作れて費用も安く、プレゼントにもなります。

ユニフォーム

週末にフットサルを楽しむ

フットサルは、サッカーと似たルールで行われる競技です。サッカーよりも少人数かつ小さなスペースでプレーできるため、アマチュアの愛好家が多いのが特徴です。オリジナルのフットサルユニフォーム製作を手がける業者も相当数にのぼります。

作業着

鳶の仕事に必要な機能

鳶服は鳶職人が動きやすいようにできています。ニッカボッカというだぼっとしたズボンと、夏でも長袖のシャツ、地下足袋が衣装です。ニッカボッカは動きやすさと危険性の察知という意味があります。仕立ててもらうのも人気があります。

Tシャツ

ネットを介して気軽に注文

クラスtシャツを作るにあたり、ネットを活用する事をおすすめします。デザインや出来上がりの期日等を、比較的簡単にイメージする事ができるかと思います。クラスtシャツを作る機会があるのなら、一度、ネットで検索してみて下さい。